小庭に佇む

PAUL KLEE

カエデ <


DSCF8373.jpg

美術館へ

駐車場から お洒落な石畳の階段を上りきると
そこには イロハモミジの<種>が出迎えてくれました 






秘密を愛した画家
20世紀の比類のない足跡をしるしたパウル・クレー(1979-1940)
世界の根源的な謎 童心の神秘 魔的なものの華やぎ
『この世で僕を捉まえることはできない』 と言い残したクレー


DSCF8356-1.jpg


とうてい理解のできない絵画にも
色彩の巧みさ 温かみ

絵とかみ合わない題名?
頭を悩ましながらも心のままに感じ入れ 謎に迫ってみました(笑)
余韻を残しての鑑賞でした 


  1. 2015/07/17(金) 00:00:00|
  2. 未分類

プロフィール

nagomi

Author:nagomi
      
     花ブログへ
       ようこそ!!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR